1. トップページ
  2. サービス内容
  3. >ISO22301事業継続マネジメント(BCM)構築支援サービス

ISO22301事業継続マネジメントシステム(BCMS)構築支援サービス


【ISO22301/事業継続マネジメントシステム(BCMS)とは】

2012年5月、事業継続マネジメントの国際規格ISO22301(社会セキュリティ)がISO
(国際標準化機構)より発行されました。
ISO22301は適切なBCPを構築、維持管理する仕組みであるBCMS構築に有効な国際標準です。

現在の事業環境においては、地震・風水害をはじめ組織の事業を停止させる様々なリスクが存在します。BCMはそれらのリスクが顕在化した時に備えて組織としての復旧力と対応力(レジリエンシー)を高めるため体系的なフレームワークを提供しています。

コールセンター業界において日本初BS25999(現在ISO22301(BCM))を認証取得された株式会社クリエイトラボ様の取得支援を致しました。

「株式会社クリエイトラボ様がBS25999を認証取得されました。」よりがインタビュー記事ご覧頂けます。

 

【目的】

 

【ISO22302のBCMSプロセスに適用されるPDCAモデル】

【運用計画及び管理】

事業影響度分析及びリスクアセスメント

 
≪事業影響度分析≫

組織が提供する製品・サービスが何らかのインシデントにより中断したと仮定し、その影響を様々な観点(法令、売上、経営戦略など)から評価。
そしてどの業務をどの時点でどのレベルまで復旧する必要があるのかを明確にし、活動の優先付をする。これらの決定は業務の依存関係や関連資材(人、情報、施設、ICTシステム、サプライヤなど)を考慮する。

 

≪リスクアセスメント≫

製品・サービス提供の中断を引き起こすリスクを特定。そのリスクの大きさを算定し、組織としてどのように対応していくのかの対応方針(リスクの破棄、受容、移転、軽減など)を決定する。

 

 

事業継続戦略

製品・サービスの中断を引き起こす可能性のあるリスクに対して、発生確率の低減、中断時間の短縮化、中断による影響の軽減など、復旧要求を満たす事業継続戦略を策定する。

 

事業継続手順の確率及び導入

製品・サービスの提供の中断を引き起こす可能性のあるリスクが発生した際のBCPを背区政する。計画には、以下の内容が挙げられる。

演習及び試験の実施

作成したBCPが組織の目標を満たすものであることを、演習及び試験を実施して確認する。 演習及び試験は組織が定めた範囲と目的に合致している形で実施し、BCPの妥当性を確認し、終了後は改善につなげるための活動を行う。
また演習及び試験はあらかじめ定めた間隔で、組織内もしくは必要に応じて外部提供先なども含めた形で行う。

 

↑このページのトップへ戻る

 

サービス内容

ISOコンサルティング

サーバー・Web構築

 

業務支援

 

マイナンバー対策

 


 

ご質問・お問合せは

お問合せはこちらから

Copyright (C) 2016 Valueup Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.